国土交通省 所管        青梅川地すべり

新潟県

 


青梅川地すべりの被災写真(左)と対策完成写真(右)

「斜面防災技術」掲載号:Vol.37,No.1(2010年,通巻109)

地すべりの概要

1.地すべりの概要

当地区はH19中越沖地震で発生した地すべりである。地震動により段丘崖表層の風化部が破壊され,崩壊性の地すべりを生じたものと判断される。地すべりタイプは風化岩地すべりである。大きく滑動した地すべりはJR青梅川駅背後の段丘斜面で発生した幅65m,高さ40m,すべり層厚67mのブロックである。その他にも段丘面の民家が立地する平坦面に段丘崖と平行する明瞭な段差亀裂が約400mにわたって発生した。

  

2.地形・地質概要

柏崎市の青梅川地区周辺には標高50m前後の海岸段丘が広がる。段丘崖は日本海及び谷根川に向かって4060゚の急斜面を形成している。

地質は崖の下から中腹部にかけて新第三紀鮮新世米山層の火山砕屑岩及び泥岩が分布し,この上位を円礫を主体とする段丘堆積層(青梅川層)が覆っている。

3.素因・誘因

(1)素因:――

(2)誘因:地震

4.対策工

法枠工,アンカー工,横ボーリング工

地すべりの特徴

地すべり平面図

地すべり断面図