地すべり防止工事士

地すべり防止工事士技術講習会(更新講習)

地すべり防止工事士 技術講習会

受講要領

技術講習について

「地すべり防止工事士」は、5年ごとに技術力維持向上のための技術講習会の受講を義務づけています。
この技術講習を受講しなければ登録が無効になりますので、受験申込要領及び講習会場並びに日程をよくご確認の上、申込みをしてください。

※受講対象者には、事前に受講案内を「葉書」により当協会に登録の宛先に郵送します。
登録の宛先が変更されている場合には、その通知が届かない可能性がありますので、所属先や住所等が変更になりましたら、必ず、変更届を本HPの「登録事項変更届」により届出してください。

※講習会の受講年度に関してはご自身で管理していただき、当協会からの通知が届かなくても、受講対象年度が来ましたら当協会HPで確認するか当協会本部事務局にお問い合わせください。

受講対象者

受講対象者は、「地すべり防止工事士」登録有効期限が当該年度の者及び再登録資格者です。

※登録有効期限は、お手元の「地すべり防止工事士登録証」で確認してください。

※再登録資格者とは、現在登録失効の方でその失効期間が2年以内の方です。

講習会の内容

  1. 講習内容
    講習内容は、以下の2講座を基本として実施します。
    1. ①斜面防災対策施設の維持管理について
    2. ②斜面防災に係わる最近の話題

      ※上記講習内容は基本となるものです。地域又は講師により講習内容が変わることがありますので、予めご了承ください。

  2. 講習時間
    1講座90分を標準として実施します。
  3. 講習テキスト
    テキストは、当日、会場で配布します。
  4. 講習内容の確認
    地すべり防止工事士は、登録規定に記載の通り、「斜面防災技術に関する知識及び技能の水準、その他資質の向上を図らなければならない」こととしています。したがって、その評価として、講習終了後に、講習内容の確認を行います。
    ①確認の内容
    講習テキスト内で講師が特に重要であると説明した内容を確認します。
    ②試験時間 30分
    ③採点 採点はその場で当日行います。
    ※採点は回答用紙提出時に行い、合格者には「終了証とCPD証明書」を発行いたします。

技術講習会開催日程

講習会は、全国13か所(原則として当協会支部所在地)で、毎年1回、7月〜8月上旬を目途として開催します。詳しくは、当該年度の4月中に本HPでお知らせしますのでご確認ください。

受講料

一般

受講料 10,000円(税込)(テキスト代含む)
登録料 10,000円(税込)(携帯用登録証カード作成料を含む)
計 20,000円(税込)

※受講申込方法及び受講要領の詳細は、当該年度の「受講の案内」をご覧ください。
(毎年4月末までに、当HPに掲示予定)

マイスター登録申請者

受講料 無料
登録料 3,000円(税込)(携帯用登録証カード作成料を含む)
計 3,000円(税込)

※いったん地すべり防止工事士技術講習の受講及び登録申請したのちに、改めて同一年度での地すべり防止工事士マイスターの申請は受け付けません。

ページの先頭へ